ここから本文です

Westonがユニバーサル・インイヤー・ヘッドフォンのフラッグシップ・モデルが新発売

CDジャーナル 10/18(火) 19:49配信

 テックウインド株式会社が、米「Weston Laboratories」社のコンシューマー向けユニバーサル・インイヤー・ヘッドフォンのフラッグシップモデル「W80」(オープン価格 218,000円前後)を10月22日(土)より販売。

 2年ぶりのWeston新作イヤフォンとなる「W80」は、最もドライバー数の多い8ドライバーを搭載した最上位モデル。従来の6ドライバーを搭載した「W60」以来、満を持しての発売となります。高域用 x 4、中域用 x 2、低域用 x 2の合計8つのバランスドアーマチュアドライバーで構成され、20kHzを超えても淀みのない周波数レスポンスを実現。サウンドデザイナーのカール・カートライトが目指した音は、楽器や録音空間の特徴を再現する“harmonic content”。音楽における調和性を意味し、メーカーは録音空間の広さや楽器のニュアンスをよりクリアに感じることができると説明しています。ハイエンドなフラッグシップ・モデルとして、付属品も過去の「W」シリーズとは一線を画すパッケージ内容。スマートフォンなどで使いやすいMFI3ボタンケーブルのほか、「ALO」社との共同開発による“クライオ処理”を施した「Westone by ALOプレミアムケーブル」を同梱、クリアで深みのあるディティールの再現に寄与しています。

 なお、10月22日(土)、23日(日)の2日間に亘り東京・中野サンプラザで開催される〈秋のヘッドフォン祭2016〉(主催:フジヤエービック)のWestoneブースでは、「W80」を含むWestoneの全モデルが試聴可能。23日14:00からは、 中野サンプラザ7階研修室11にて〈Westone新製品発表会〉も開催されます。

最終更新:10/18(火) 19:49

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]