ここから本文です

松本明子“伏魔殿”都庁に「アポなし突撃したい」

東スポWeb 10/18(火) 14:14配信

 タレントの松本明子(50)が18日、都内で行われた「10月18日は『冷凍食品の日』」PRイベント(日本冷凍食品協会主催)に出席した。

 普段から冷食に慣れ親しんでいる松本は「長男は高校生でバスケットボール部。毎日お弁当なので忙しい主婦は助かる。ママ友は皆、冷凍食品を使っている」と語る。

 結婚前は仲のいい中山秀征(49)と飲み歩いてばかりいたため、料理が得意ではないとか。「チャーハンは『母ちゃんが作ったものより冷凍の方がおいしい。今日は冷凍じゃないの?』とがっかりされる」と子供に言われると自虐的に笑いをとった。

 バラエティー番組「進め!電波少年」(日本テレビ)では、松村邦洋(49)とタッグを組んでのアポなし取材が好評を博した。松本は「今だったら豊洲、都庁に突撃してみたい」と、小池百合子東京都知事(64)が戦う“伏魔殿”の謎解明に興味津々だった。イベントには三國清三シェフ(62)も出席した。

最終更新:10/18(火) 14:26

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]