ここから本文です

菅田将暉、小松菜奈との“海のラブシーン”に苦戦「この子、沈まない体質」

映画.com 10/18(火) 21:10配信

 [映画.com ニュース] 小松菜奈と菅田将暉の主演で、ジョージ朝倉氏の少女漫画を実写映画化した「溺れるナイフ」の完成披露試写会が10月18日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、2人をはじめ、共演の重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、山戸結希監督が出席した。舞台挨拶では場面写真を見ながら、撮影時の思い出を語り合った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 映画は、東京から遠く離れた田舎町に引っ越してきたモデルの夏芽(小松)と、不思議な魅力を持つ地元の少年・コウ(菅田)の恋を描く青春ラブストーリー。海に入った夏芽とコウが、水中から顔を出して見つめ合うシーンが紹介されると、菅田は「もちろんダイバーさんは待機していたので、安全は保障されているものの、台風直前の海なので荒れていた。寒かったし」と振り返る。一方の小松は「制服なので重いんですよ。重りもつけているので」と告白。これに対し、菅田は「この子、沈まない体質らしくて」と客席の笑いを誘っていた。

 さらに、菅田と重岡の共演場面がスクリーンに映し出されると、テンションが上がった重岡がマシンガントークを開始する。菅田の第一印象を問われれると「めっちゃ寡黙な人やと思っていたんですよ。でも菅田ちゃんが自分のクランクインのちょっと前に現場に来てくれて、差し入れとかも持ってきてくれて」「しゃべってみたら地元の友達みたい……。あれ、今めっちゃしゃべってるな、俺!」。菅田が「わかったやろ。自分がどんだけしゃべっているか(笑)」と苦笑すると、「まとめるといい奴です!」と強引に話を終わらせ、場内を爆笑させた。その後も前のめりな重岡を、菅田が「関西人同士やからって。うわあってこんといて。期待値すごいのわかるやん」「すべったら(シャツの)ボタン1個開けろ」といじりまくっていた。

 一方、上白石は劇中で“高校デビュー”を遂げる少女・カナを演じたため、「体重を増やして、減らした。衣装合わせの時に監督にちょっと太ってと言われたので、撮影までに太って。で、中学時代を撮ってから、4日くらい空きがあったので、その時にガッと落とした」と撮影時の苦労を語る。菅田が「ボクサーみたいやなあ!」と驚きの声をあげると、上白石は「でもやっていましたよね? 中学時代を撮る時にごはんを一切食べてなくて。みんなで心配していたんですけど」と、菅田もストイックな役作りを行っていたことを明かす。菅田はぴんときていない様子で、「そうかも。でも栄養足りてへんかったから、全然覚えてない!」と笑っていた。

 「溺れるナイフ」は11月5日から全国公開。

最終更新:10/18(火) 21:10

映画.com