ここから本文です

桜玉吉のエッセイ新刊が11月に、漫喫から伊豆暮らしまでの約3年間描く

コミックナタリー 10/18(火) 12:00配信

桜玉吉の新刊「日々我人間」が、11月26日に文藝春秋より発売される。

これは2013年8月より週刊文春(文藝春秋)にて連載されたコミックエッセイをまとめたもの。当初の掲載ペースはほぼ隔週の予定だったが、ほどなく毎週に切り替えられ、約3年間休載なしで連載された。

連載を始めた頃は、東京のマンガ喫茶で数年間暮らしていた玉吉。本書ではそんな生活に別れを告げ、生活の場を伊豆の別荘に移すまでが描かれる。コンビニに行くにも一苦労な山の中でサルやシカ、ムカデなどに悩まされるという、大自然との戦いも見どころだ。なお玉吉からは「もう三年たちましたか。単行本、買っていただけるととても助かります」というコメントも寄せられている。

最終更新:10/18(火) 12:00

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]