ここから本文です

長谷川穂積 異例のサウナでビールかけ!ジムワーク再開、進退は近日中に発表

デイリースポーツ 10/18(火) 6:04配信

 ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者・長谷川穂積(35)=真正=が17日、神戸市中央区の「神戸サウナ&スパ」で世界3階級制覇達成を祝い、異例のビールかけを行った。家族、知人ら約50人が参加。350ミリリットル缶ビール500本の美酒にぬれ、歓喜に酔った。注目の進退に関しては近日中にも発表することを明かした。

 待ちに待った瞬間だった。「初めてなのでどうやったら盛り上がるのか。うわさでは目に入ると痛いらしい」。開会あいさつ中の長谷川に泰子夫人が頭からバケツでビールをかぶせた。

 これがゴングだ。「神戸サウナ&スパ」の地下に特設された“リング”で父・大二郎さんも参加し50人が入り乱れて大騒ぎ。王者もびしょぬれになり、缶ビール500本で20分間、歓喜の泡を堪能した。

 「王者でない5年間、『ダメ』と言われた時も支えて下さった皆さんと、こういうイベントができてうれしい」。ボクシング界で前代未聞の祝賀会は、“男の約束”で実現した。

 発起人は人気漫画家の高橋ツトム氏(51)。雑誌企画で知り合い7年前から親交深い“サウナ仲間”だ。3年前、同サウナで「ビールかけ」のチラシを発見し「勝ったら絶対やろう」と誓い合った。

 そして奇跡の9・16。「ラストチャレンジ」と、負ければ引退を決意し臨んだ世界戦。左手親指を脱臼骨折しながら打撃戦を制し9回終了TKOで勝利。国内最年長35歳9カ月で世界を奪取した。

 高橋氏は「手のひらを返すように人が離れていき、王者にはプライドを保つのが大変な5年間だった。王者になると信じていた」と感激。長谷川も「みんなが主役になれる」と仲間への最高の恩返しを喜んだ。

 うたげの後は注目の進退に関し「おいおい発表します」と言及した。ジムワークは再開しており近日中にも結論を出す見込み。「もう1回できるのならやりたい」。35歳レジェンドはビールかけの“おかわり”を熱望した。

最終更新:10/18(火) 8:47

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。