ここから本文です

クリストファー・プラマー主演作を語る、エゴヤンからの要望は「老人らしくゆっくり」

映画ナタリー 10/18(火) 12:05配信

「手紙は憶えている」で主人公のゼヴを演じたクリストファー・プラマーからコメントが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、70年前ナチスに家族を殺された90歳の老人ゼヴが、友人から渡された1通の手紙をきっかけに復讐の旅へ出るヒューマンミステリー。「スウィートヒアアフター」のアトム・エゴヤンが監督を務め、出演にはマーティン・ランドー、ブルーノ・ガンツらの名が並ぶ。

本作の脚本についてプラマーは「とにかく素晴らしいと思ったよ。見たことがないようなオリジナリティがあるし、衝撃的で、緊張感のある内容だった。僕がかつて演じたことのある役柄のどれとも違って、似ても似つかないような主人公だったから、ゼヴ役を引き受けたんだ」と絶賛。ゼヴ役については「彼そのものがミステリーなんだ。軽い認知症のため、意識や記憶が消えたり戻ったり、非常に心もとない。そういった状況を演じることに興味を覚えたし、とてもやりがいがあると思った」と話す。

また、「アララトの聖母」以来となるエゴヤンとのタッグについては「彼の発想はユニークだし、大きな助けになったよ。彼のことは心から尊敬しているし、エゴヤンなしでは自分がどんな芝居をしていたか想像もつかないね」と語る。そして、「エゴヤンからはいつも『もっとゆっくり、そんなに急がないで』と言われた。僕は実際に老人だから、移動するときは人よりも速く動かないと迷惑になると思っているんだ。僕くらいの年齢になると、みんなが思うことだよ。するとエゴヤンが『あなたの役柄は年老いているんだから、老人らしくゆっくり動いてくださいよ』って言うんだ」と撮影中のエピソードも明かした。

「手紙は憶えている」は、10月28日より東京・TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。



(c)2014, Remember Productions Inc.

最終更新:10/18(火) 12:05

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]