ここから本文です

【福祉機器展16】立って乗るトランスポーター、最高速度は12km/h…サポートマーケティングサービス

レスポンス 10/18(火) 13:47配信

毎回ユニークな乗り物を紹介しているサポートマーケティングサービス(本社・埼玉県春日部市)は、今回もまた新たな乗り物を披露した。米国T3モーション社が開発したトランスポーターがそれで、立って乗る3輪車だ。

[関連写真]

同社はその日本総販売元だが、本業は建材資材や消防設備のリース。こうしたユニークな乗り物の販売は社長が趣味のような感じで始めたという。ただ、展示会ではその乗り物が話題を呼び、今回も多くの来場者がブースの周りに集まっていた。

今回披露したトランスポーターは全長1041mm、全幅749mm、全高1300mmで、重量が107kg。立って乗る3輪車で、最高速度は12km/h。3~4時間の充電時間で約32km走行できる。米国では現在、空港などのパトロールに使われているそうだ。

「3輪なのでセグウェイよりも安定感があり、運転も簡単です。日本でも空港などで使ってもらいたいですが、シニアカーに乗りたくないという人もいると思うので、そういう人に乗ってもらいたい」と同社関係者は話し、今回の国際福祉機器展で披露した。

ただ、日本では厳しい規制もあり、今はまだ公道を走れないという。これから販売に向けて、公道を走れるように改良を行って方針だ。このトランスポーターのほかに、最高速度30km/hのものもあるが、こちらは先月、改良を行った末に原付として公道を走れるようになったそうだ。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:10/18(火) 13:47

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。