ここから本文です

萩野公介11月上旬から水中練習再開 今年の大会出場なし実戦復帰は2月以降へ

デイリースポーツ 10/18(火) 6:04配信

 リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得後、右肘の余分な骨を除去する手術を受けた萩野公介(22)=東洋大=が、11月上旬から水中練習を再開することが分かった。指導する平井伯昌コーチ(53)が17日、明らかにした。

 9月28日に手術を終えた萩野は今月14日に抜糸し、右肘を真っすぐ伸ばせる状態にまで回復。現在は下半身の筋力トレーニングを中心に鍛えている。

 平井コーチは「手術後1カ月で水中トレーニングができるという見通しだったので予定通り。今年は焦らず年内は大会にも出ない。来年1月もどうかなという状態」と話し、実戦復帰は2月以降になる見通しだ。

最終更新:10/18(火) 8:43

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]