ここから本文です

11月11日は「チンアナゴの日」 京都・すみだの2つの水族館でチンアナゴと親しむイベントを開催

ねとらぼ 10/18(火) 12:07配信

 11月11日の「チンアナゴの日」を記念したイベントが、京都水族館(京都市下京区)とすみだ水族館(東京都墨田区)の2カ所で開催されます。

【チンアナゴのお面とははたして】

 京都水族館では「ちんあなごだらけの京都水族館」と題し、京都水族館の4周年を記念して通常より増やした444匹のチンアナゴとニシキアナゴを、11月1日から30日まで特別展示します。

 11月11日から3日間は、チンアナゴのお面を作ってつける「なりきり! ちんあなご」や、館長さんの解説を聞ける「ちんあなごってナンダ?」ツアー、チンアナゴを観察して謎を解き明かす「ちんあなごQ」などの体験プログラムが開催されます。

 館内のハーベストカフェでは同じ11月11日が記念日の「ポッキー&プリッツ」とコラボして、「ポッキーミディ」をチンアナゴに見立てた「チンアナゴポッキーパフェ(500円)」が提供されます(11月1日から30日/各日11個限定)。

 ミュージアムショップでは水族館和スイーツに「チンアナゴ&ニシキアナゴ」の練り切り(210円)が仲間入りし、中にチョコレートが入ったチンアナゴ・ニシキアナゴの巾着(各700円)などが販売されます。

 一方のすみだ水族館の館内には、幅5.5メートルの水槽で3種類のチンアナゴの仲間(チンアナゴ、ニシキアナゴ、ホワイトスポッテッドガーデンイール)が常設展示されています。

 11月11日の「チンアナゴの日」には、11時11分、13時11分、19時11分の3回、エサのプランクトンに向かって伸びる姿を観察できる「チンアナゴのさあ、ゴハン!」タイムが開催されます。

 17時を過ぎると館内でチンアナゴのお面が配られ、「チンソニZ」の時間となります。「チンソニZ」は、飼育スタッフも参加してチンアナゴについて語り合う「チンソニbar」など、チンアナゴに関するさまざまなコンテンツを集めたフェスイベントです。

 また、11月1日から11日まではチンアナゴの水槽を観察しながら難問に答える「ゆらチン! 検定」が行われ、全問正解するとチンアナゴのフィギュア「きょうもゆらゆらチンアナゴ(ゆらチン)」がもらえます(数に限りがあります)。

 館内のペンギンカフェでは2種類のオリジナルパフェ「ゆらチンポッキーパフェ(チンアナゴバージョン、ニシキアナゴバージョン)」提供されます(11月1日から30日、1日合計30食限定)。

 さらに、ショップではマンゴー味の練り切り「チンアナゴ&ニシキアナゴ」が販売され、ぬいぐるみで装飾した「チンアナゴツリー」も出現します。

※価格は全て税込

最終更新:10/18(火) 12:07

ねとらぼ