ここから本文です

「オヤマ!菊之助」の続編、新たな舞台は前作の18年後!ヤンチャン烈で始動

コミックナタリー 10/18(火) 13:01配信

瀬口たかひろ「オヤマ!菊之助」の続編となる「オヤマ!キクノスケさん」の連載が、本日10月18日発売のヤングチャンピオン烈No.11(秋田書店)にてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

週刊少年チャンピオン(秋田書店)に1996年から2001年まで連載されていた「オヤマ!菊之助」。有名歌舞伎一座の跡取り息子である主人公・藤井菊之助が、女形の勉強という名目で名門女子高に転入し、そこでさまざまな女子生徒にちょっかいを出したことから巻き起こるトラブルを描いたお色気コメディだ。

「オヤマ!キクノスケさん」は菊之助が結婚後に海外へ旅立ってから18年後が舞台。女性だけが所属する人気の劇団・黒髪歌劇団に入門してきた少女が劇団の敷地内で道に迷っていたところ、“パパ”と呼ばれる団員の世話係と出会い、物語は動き出す。

また今号では丸木戸サトシ原作による春日旬「アイドルな彼女とヲタクな僕と」、渡辺大樹「きゅぽかの」がそれぞれ完結を迎えた。「アイドルな彼女とヲタクな僕と」最終3巻と、「きゅぽかの」の単行本は11月18日に発売される。

最終更新:10/18(火) 13:01

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]