ここから本文です

山側2カ所凍結申請 第一原発の凍土遮水壁

福島民報 10/18(火) 11:27配信

 東京電力は17日、95%の箇所で運用している福島第一原発の「凍土遮水壁」の山側部分について、凍結範囲拡大の認可を原子力規制委員会に申請した。
 東電によると、凍結拡大を申請したのは山側の未凍結箇所7カ所のうち、1号機西側と4号機西側の2カ所。凍結範囲の拡大に加え凍結が順調でない部分の追加工事が進めば、上流から建屋側への地下水流入量を現在の3分の1程度に減らせるとしている。
 原子力規制委は海側部分の遮水効果を確認次第、山側部分の凍結範囲の拡大を了承するとしている。一方、東電は海側部分の遮水効果を明らかにしていない。

福島民報社

最終更新:10/18(火) 11:51

福島民報