ここから本文です

火を吹くドラゴンロボット、ハウステンボスに現る ロボット事業に本腰、新会社設立へ

ITmedia ビジネスオンライン 10/18(火) 13:26配信

 ハウステンボスは10月17日、イルミネーションイベント「光の王国」(10月29日~翌年5月7日まで)向けに開発したロボット「光のドラゴンロボット」を公開した。ロボットが接客する「変なホテル」を皮切りにしたロボット事業を本格化し、来春までにサービスロボットの開発、販売、導入支援などを手掛けるロボット関連会社を設立する計画だ。

【「光の王国」の画像】

 光のドラゴンロボットは、光の王国の人気スポット「光のアートガーデン」に出現し、約7分間のショーの中で全身に搭載したLEDライトを光らせながら火を吹く。全長13メートル×高さ6.5メートルで、最大6人までドラゴンの背中に搭乗することができる。料金は税込2000円。

 同社の澤田秀雄社長は「光の王国は1300万個の電飾を使用する世界最大のイルミネーションスポット。今後もさらに“光の見どころ”を増やしていきたい」と話す。

 「常に新しいものを作らなければユーザーに飽きられてしまう。将来的には空を飛ぶドラゴンに進化させていくなど、世界が驚くようなものをどんどん作っていきたい」(澤田社長)

 ハウステンボスは2015年7月、接客を人間に代わってロボットが行う「変なホテル」を開業し、人気に。今後、省力化で効率の高い宿泊施設として世界展開する計画だ。

 さらにロボットが料理を提供する「変なレストラン」の全国展開も検討。来春までにロボットの開発、販売、導入支援などを手掛けるロボット関連会社を設立し、ロボット事業を本格化する。

 澤田社長は「世の中にロボットが普及し始めた。当社もサービスロボットをメインとしたロボット会社を立ち上げ、世界有数のロボット会社に育てていく。『変なホテル』のようにテーマパーク内をサービスの実証実験の場とし、最終的には大きなビジネスにつなげていきたい」と意気込んでいる。

最終更新:10/18(火) 13:26

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。