ここから本文です

南キャン山里、TBS出禁?受付で足止め「入れてもらえない」

デイリースポーツ 10/18(火) 12:23配信

 南海キャンディーズの山里亮太が18日、ツイッターを更新し、TBSラジオ「たまむすび」出演のため、TBSにやってきたものの、「TBSが入れてくれない…」とつぶやき、その後20分以上入れない状態であったことをつぶやいた。

 午後11時頃のツイッターでは「TBSが入れてくれない…受け付けで悲しくつぶやいております」とつぶやき、続いて「そんな時に限って社会科見学の学生の群れが…」とツイート。

 さらに「まだ入れてもらえない…」「そしてマネージャーさんも電話にでない…」と、TBSの中に入れない状態が続き、正午前にようやく「知り合いのスタッフさんに頼んで入れてもらえました」と、“裏技”で入れてもらったことを明かした。

 「まさかのTBS出禁疑惑…」と、これまでも何度も出入りしているだけに、何が起こったのか、本人もわかっておらず、困惑を隠せない様子だった。

 午後1時から始まったTBSラジオ「たまむすび」でも、そのときの様子を報告。受付に行くと「今日はどんなご用件で?」と止められ、「スタッフの方とつながるまでお待ちいただけますか?」とその後20分以上「誰とも連絡が取れなかった」という。「久々、長目の足止めだったよ。でも(入れて)当然の顔してたのは恥ずかしいね」と語っていた。

最終更新:10/18(火) 13:16

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]