ここから本文です

四日市あすなろう鉄道、リニューアル車の愛称を公募

レスポンス 10/18(火) 16:54配信

三重県四日市市はこのほど、四日市あすなろう鉄道が運用している車両に愛称を付けるとし、一般からの募集を始めた。

[関連写真]

発表によると、2015年度に導入したリニューアル車両と、本年度に高校生がデザインした塗装に塗り替えた車両に愛称を付ける。募集期間は11月1日までで、あすなろう四日市駅に設置した応募箱や、郵送・ファクス・メールで受け付けている。応募用紙は四日市市のウェブサイトでダウンロードできる。

あすなろう四日市鉄道は、四日市市内の内部・八王子線を運営している第三セクター。四日市市が施設を保有し、四日市あすなろう鉄道が同市から施設を無償で借り入れて列車を運行している。

内部・八王子線の車両は冷房装置を搭載していない非冷房車だったが、2015年9月に登場したリニューアル車は冷房を搭載。車体塗装も青とクリームの2色に変更された。今年9月には2編成目のリニューアル車が登場し、こちらは緑とクリームの2色で塗装されている。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:10/18(火) 16:54

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。