ここから本文です

「マリカー64」全カップTASが登場 ほぼまともに走らないレースのような何かが繰り広げられる

ねとらぼ 10/18(火) 14:10配信

 「マリオカート64」の全カップTAS(Tool Assisted Speedrun)動画が登場し、とんでもないタイムを連発していると話題になっています。まともに走っているコースがほぼ無いアクロバティックぶりを見せつけ、全コースを20分足らずで走破します。

【画像】酷い走法の数々

●キノコカップ

 まずはルイージサーキット。ロケットスタートと同時に即左にハンドルを切ると、ドンキーを踏み台にして左に大ジャンプ。コース外の土手に突っ込むと壁を抜け、コース後半のトンネルに着地して大幅なショートカット。トンネルを抜けた後は左の壁をジャンプで越えて1周。2周目・3周目は自分に赤甲羅をぶつけ吹っ飛んだ勢いで1周目と同じく土手に突撃→壁超えでフィニッシュ。トータル25秒06。最初からかなりひどいですが、全体で見ればかなりまともに走っている方です。

 モ~モ~ファームとノコノコビーチはまともに走っているので割愛。カラカラさばくでは線路上に乗り込んだかと思うと、なぜかトンネル内で1周判定が発生。トンネルを抜けると自分に緑甲羅をぶつけて柵を超えてショートカットし2周目。最後は横を通りすぎるワリオにキノコで突っ込んで踏み台にして大ジャンプ。コース外の亜空間に突っ込むと水没し、ジュゲムに釣り上げられコースに戻るとなぜか1周判定となりゴール。トータル48秒92。不正の香りしかしません。

●フラワーカップ

 キノピオハイウェイは比較的まともに走っている方なので割愛。続くフラッペスノーランドが酷く、ゴール左の盛られた雪に突っ込む→ジュゲムに救出されるで1周判定が付いてしまうのでこれを3回繰り返すだけ。トータル24秒05。

 チョコマウンテンはトリプルキノコでゴール横の山に突っ込む→転がり落ちるで1周判定がつくのでこれを3回繰り返すだけ。トータル18秒14。ここも相当ひどい。

 皆大好きマリオサーキットは、赤甲羅を自分にぶつけてゴール横で壁超えを6回するだけで終わり。マリオカート64の代表コースが、24秒06で終わってしまいました。なんということだ……。

●スターカップ

 何が起こるか察しが付きそうなワリオスタジアムは、ゴール横の壁を普通にジャンプで越えるだけ。これは実際に近いことをやったことのある方も多いはず。トータル11秒34。

 シャーベットランドではキノコを使ってワリオを踏み台に大ジャンプすると、なんと真ん中の離れ小島に着地。自分に甲羅をぶつけてながら水の中に落ちるとゴール手前に降ろされ1周。2周目と3周目は重量級キャラを踏み台にした大ジャンプでゴール横の山に突撃→ゴロゴロを2回繰り返してフィニッシュ。トータル47秒92。

 ピーチサーキットでは、1周目のスタート直後に踏み台大ジャンプでコース上空にあるジャンプ台に直接着地。2周目はジャンプ台の下で自分に甲羅をぶつけてジャンプ台に乗り、3周目は踏み台大ジャンプで池に突っ込んでジュゲムに釣り上げられてフィニッシュ、と離れ業を3連発で見せてくれます。かなり見応えあり。トータル58秒32。

 続いてクッパキャッスル。1周目は普通に走りますが、途中コース上に5連バナナを設置してNPCの順位を調整。2周目・3周目は踏み台大ジャンプでコース脇を飛び越えると1周判定になりフィニッシュ。トータル48秒34。

●スペシャルカップ

 ドンキージャングルパークはスタート直後に少し逆走して左側の壁沿いを走ると、コース後半のトンネルに落下。そのまま進むと1周判定になるので3回繰り返すだけ。トータル15秒34。

 ヨッシーバレーはスタート直後に左の崖に身投げをしてジュゲムに釣り上げられると1周判定。3回繰り返すだけで終了。トータル28秒73。

 ヒュ~ドロいけは、ほぼクッパキャッスルと同じ。1周目は普通に走り、2周目・3周目は踏み台大ジャンプでコース脇を飛び越えてフィニッシュ。トータル45秒10。

 ラスト、レインボーロードはいつも通り、スタート直後に左へジャンプしてショートカット……はせず、いきなり逆走したかと思うと自分に甲羅をぶつけながらパワフルキノコでコース外へ身投げ。これで1周判定になるので3回繰り返してフィニッシュ。トータル56秒24。まさかこんなルートがあったとは……。

 もはやレースというより、いかにジュゲムをだますかの勝負になっている気がします。まともに走っているコースがほぼない、実にTASらしい動画でした。

最終更新:10/18(火) 14:10

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]