ここから本文です

「シビル・ウォー」あの頃ソー&ハルクは何をしていた?お気楽ホリデー映像到着

映画ナタリー 10/18(火) 16:01配信

現在発売中の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のMovieNEX。本日10月18日に、同商品を購入したユーザーがアクセスできるスペシャルサイトMovieNEX ワールドにて特別映像「“チーム・ソー”結成」が公開され、その一部映像がYouTubeにアップされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

マーベルコミックをもとにした「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、アベンジャーズの活動を政府の監視下に置く“ソコヴィア協定”を巡り、アイアンマンとキャプテン・アメリカ、そしてそれぞれを支持するアベンジャーズメンバーが対立していくさまが描かれる。

特別映像「“チーム・ソー”結成」は、アベンジャーズが大変な局面を迎えている間、本編に登場しなかったソーとハルクが何をしていたのかをドキュメンタリータッチで描いたもの。オーストラリアで一般人男性の家に居候するソーが、地域に溶け込むため幼稚園児にレクチャーを行う、居候相手の会社を訪れトニー・スターク宛にメールを送らせるなど、お気楽にホリデーを過ごすさまが映し出される。

YouTubeにて公開された一部映像では、ハルクことブルース・バナーとソーがカフェで話し込むシーンが切り取られた。ブルースが「ところでトニーやキャプテンから電話はあった?」と切り出すと、ソーは「俺のところには電話1本もないよ」と答える。そのとき、ブルースにトニーから電話が。チーム・アイアンマンに誘われたブルースは「何度も言ったろ、いくら積まれても怒りんぼ対決には参加しない」と告げ、ソーに電話を代わろうとするが、トニーから「今は話せない」と断られてしまう。ストーリーの全貌はMovieNEX ワールドで確認しよう。

(c)2016 MARVEL

最終更新:10/18(火) 16:01

映画ナタリー