ここから本文です

auが「Android 7.0」へのバージョンアップを14機種で実施

ITmedia Mobile 10/18(火) 16:05配信

 KDDIと沖縄セルラー電話は10月18日、auブランドで販売しているAndroidスマートフォン・タブレットにおける「Android 7.0」へのバージョンアップ予定を公開した。

【Android 7.0の新機能】

●対象機種(10月18日現在)

 同日現在、Android 7.0へのバージョンアップを予定しているのは以下の機種。なお、OSバージョンアップの実施時期によっては、Android 7.0よりも新しいバージョンが提供される可能性もある。

・AQUOS SERIE SHV32
・AQUOS SERIE SHV34
・AQUOS U SHV35
・Galaxy S6 edge SCV31
・Galaxy A8 SCV32
・Galaxy S7 edge SCV33
・HTC 10 HTV32
・Qua phone PX
・Xperia Z4 SOV31
・Xperia Z5 SOV32
・Xperia X Performance SOV33
・Xperia XZ SOV34
・Xperia Z4 Tablet SOT31
・Qua tab PX

●Android 7.0の主な新要素

マルチウィンドウのサポート

 Android 7.0では、1画面に2つのアプリを同時に表示できる「マルチウィンドウ」にOSレベルで対応している。ただし、一部のアプリでは2画面表示に対応しない。

Doze on the Go(Dozeモードの適用範囲拡大)

 Android 6.0から追加された「Dozeモード」は、バックグラウンドアプリの動作を制限することでバッテリー持ちを改善する省電力機能だ。

 従来は「非充電で静止中」のみ動作していたが、Android 7.0では「非充電中で移動中」にも一部の動作制限が働くようになった。これにより、従来よりも省電力効果が高まっているという。

通知パネルの機能拡張

 Android 7.0では、同じアプリからの通知を1つのパネルにまとめる「バンドル通知」や、通知パネルからメッセージを直接返信する「ダイレクトリプライ」に対応している。ただし、アプリ側の対応も必要となる。

最終更新:10/18(火) 16:05

ITmedia Mobile