ここから本文です

大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長、「U-20W杯、韓国選手のビッグリーグ進出の足がかりに」

WoW!Korea 2016/10/18(火) 15:45配信

大韓サッカー協会のチョン・モンギュ(鄭夢奎、54)会長が20歳以下(U-20)W杯の成功開催に自信を示した。

 チョン・モンギュ会長は18日、ソウル・鍾路区(チョンノグ)サッカー会館にて国際サッカー連盟(FIFA)U-20W杯コリア2017メディア会見を開いた。韓国は来年5月20日から6月11日までの23日間にわたり、U-20W杯を開催する予定だ。

 チョン・モンギュ会長は「U-20W杯を成功的に開催し、平昌五輪の成功へと続くことを願う。一過性のイベントではなく、社会の隅々ににサッカーの遺産を残したい」と誓った。

 具体的な計画についてチョン・モンギュ会長は、韓国サッカーの世界化を挙げた。彼は「今回のW杯を通じて、多くの韓国サッカー有望株らが世界の舞台に紹介され、ビッグリーグ進出の足がかりとなることができるようにしたい」と強調。“第2のパク・チソン”やソン・フンミンが大会を通じて出てくる可能性があるという判断だ。

最終更新:2016/10/18(火) 15:45

WoW!Korea

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!