ここから本文です

【菊花賞】プロディガルサン「とにかく折り合い。いかにロスなく運べるか」

東スポWeb 10/18(火) 21:06配信

【菊花賞(日曜=23日、京都芝外3000メートル)注目馬18日朝の表情:美浦】昨年の2着馬リアルスティールの全弟プロディガルサンは南ウッドでキャンター調整。時折、尻っぱねしそうになったりとヤンチャな面を見せたが、陣営は涼しい顔だ。

 国枝調教師「いつものこと。春に比べれば心身とも大人になってる。今回は長丁場だから、とにかく折り合い。前走(セントライト記念=3着)はスムーズさを欠くような場面もあったし、いかにロスなく運べるかだね」

最終更新:10/18(火) 21:17

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ