ここから本文です

【菊花賞】ディーマジェスティ二ノ宮調教師「ひと追いごとに状態は上がってきている」

東スポWeb 10/18(火) 21:34配信

 ヴィブロス秋華賞優勝の3歳牝馬路線に続いて、日曜(23日)の京都競馬場では牡馬3冠最終戦の第77回菊花賞(芝外3000メートル)が行われる。トライアルは東=セントライト記念をディーマジェスティ、西=神戸新聞杯をサトノダイヤモンドがともに仕上がり途上で勝利し、大一番は「2強」対決が濃厚だ。2冠馬が誕生するのか、それとも…。二ノ宮敬宇調教師の本音に迫った。

 ――秋初戦のセントライト記念は貫禄勝ち

 二ノ宮:夏場はリフレッシュに充て、秋に向けて余裕を持って仕上げていけた。春よりも芯がしっかりして成長を感じた。まさに青写真通り。レースではかなり後ろからとなったが、ジョッキーが落ち着いて乗ってくれたね。

 ――レース後にダメージはありましたか

 二ノ宮:疲れを残さない乗り方をしてくれたおかげでダメージは最小限に。疲れが抜けるまでかなり早かった。これまで順調にいかないことが多かった馬だが、この中間は大きなトラブルもなく予定通りに追い切りを重ねている。

 ――1週前追い切りの動きは

 二ノ宮:負荷をかけたいと思ったので稽古駆けする馬を相手に選んだ。それでも終始、余裕があったし、非常にいい動き。体をふっくらと見せており、つくべきところに筋肉がついてきた感じ。食べたものがちゃんと実になっている証拠だろう。

 ――直前の追い切りは

 二ノ宮:あらかた仕上がってきているようだし、輸送も控えているので直前はサラッとでいいでしょう。ダービー(3着)の時よりは楽に調整ができているし、ひと追いごとに状態は上がってきていると思う。

 ――今回は初めての距離

 二ノ宮:中間はカッカしないように馬に教え込んでいるし、たとえ流れが遅くなってもガーッとかかるようなことはないはず。もともと心肺機能が高く、タフな脚を使えるタイプ。少なくとも同世代同士のレースなら距離が延びてマイナスになることはないだろう。

 ――2冠へ向けて期待が高まります

 二ノ宮:ディーマジェスティは同世代の他の馬と比べると、どんどん変わり続けている印象がある。こういったところがこの馬の良さであり強さの秘訣では。他馬のことは気にせず、しっかりと仕上げていい状態で送り出したい。

☆にのみや・よしたか=1952年9月5日生まれ。神奈川県出身。90年調教師免許取得、同年開業。98年のNHKマイルC、ジャパンCを制したエルコンドルパサー、2010年宝塚記念VのナカヤマフェスタなどJRA・GI・6勝(重賞29勝)。05年から12年連続重賞勝利中。

最終更新:10/18(火) 21:44

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]