ここから本文です

ルキノ・ヴィスコンティ「家族の肖像」、デジタル完全修復版で39年ぶりによみがえる

映画ナタリー 10/18(火) 17:00配信

イタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティの生誕110年、没後40年を記念して「家族の肖像」のデジタル完全修復版が公開されることが決定した。



1978年に日本公開された本作は、キネマ旬報外国語映画ベスト・テン第1位、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞、ブルーリボン賞外国作品賞など、数々の映画賞を受賞し、ヴィスコンティの名を改めて日本中に知らしめた。デジタル完全修復版は、イタリアのブランド、フェンディが2013年、ミラノに新店をオープンした際に特別プロジェクトの一環として制作されたもの。劇中でシルヴァーナ・マンガーノが着用するファーコートは、フェンディによって制作されている。

本作の主人公は、18世紀にイギリスで流行した“家族の肖像”と呼ばれる絵画コレクションに囲まれ、ローマの豪邸で1人暮らす老教授。孤独に暮らしていた彼の生活が、豪邸の2階で強引に暮らし始めたある家族によってかき乱されていくさまを描く。老教授を演じるのは「山猫」で滅びゆく貴族に扮したバート・ランカスター。教授と強く惹かれ合う美青年コンラッドにヘルムート・バーガー、伯爵夫人ビアンカにマンガーノが扮する。そのほかの出演者に、クラウディア・カルディナーレ、ドミニク・サンダが並ぶ。



「家族の肖像 デジタル完全修復版」は、2017年2月11日より東京・岩波ホールほかにて全国順次ロードショー。

最終更新:10/18(火) 17:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]