ここから本文です

行定勲のロマンポルノ、板尾創路が女たちと官能的に絡み合う予告公開

映画ナタリー 10/18(火) 17:00配信

行定勲が初めて手がけたロマンポルノ「ジムノペディに乱れる」の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、日活ロマンポルノの製作開始45周年を記念した企画「ロマンポルノリブートプロジェクト」の一環として作られたラブストーリー。仕事や名声、愛を失い自暴自棄になった映画監督の古谷が、鬱屈とした気持ちを抱えながら肌のぬくもりを求めてさまようさまを描きだす。古谷を板尾が演じるほか、古谷を惑わす結花役に芦那すみれ、安里役には岡村いずみがキャスティングされている。そのほかの出演者には、田山由起、田嶋真弓、木嶋のりこ、西野翔が並ぶ。

YouTubeで公開された予告編では、エリック・サティが作曲した「ジムノペディ」の調べに乗せて、古谷がヒロインの2人や、さまざまな年齢層の女性たちと言葉を交わし、官能的に絡み合う姿が切り取られていく。往年のロマンポルノ作品で活躍した風祭ゆきの姿も。

「ジムノペディに乱れる」は、11月26日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。BSスカパー!では同日24時からR15+版が放送される。

最終更新:10/18(火) 19:12

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]