ここから本文です

【菊花賞】サトノダイヤモンド池江調教師「落鉄対策しっかり講じる」

東スポWeb 10/18(火) 21:34配信

 日曜(23日)の京都競馬場では牡馬3冠最終戦の第77回菊花賞(芝外3000メートル)が行われる。トライアルは東=セントライト記念をディーマジェスティ、西=神戸新聞杯をサトノダイヤモンドがともに仕上がり途上で勝利し、大一番は「2強」対決が濃厚だ。2冠馬が誕生するのか、それとも…。池江泰寿調教師の本音に迫った。

 ――春の2冠を改めて振り返ってください

 池江:皐月賞(3着)は久々でも何とかなるのではと期待したが、さすがに甘かった。ダービーは落鉄があったとはいえ、それも含めて競馬。仕方がない。

 ――前哨戦の神戸新聞杯の内容については

 池江:秋初戦としてはまずまずいい競馬だった。最後は詰め寄られたが、あの差は馬場を1周、地球を1周しても詰まらない。ジョッキーも抜かせない手応えを感じたとのこと。苦しい競馬ではなかったので疲労回復も早かった。レース後は久々のこちらより、2着馬のほうがフーフーいっていたくらいだから。

 ――レース後に、ダービーの落鉄の原因が分かったと話していました

 池江:普段はおとなしい馬だけど、装鞍所に行くとじだんだを踏むんです。下が硬ければまだいいけど、東京の装鞍所は下にゴムが敷いてある。そこでじだんだを踏むと(蹄鉄と爪の接着部にかかる)衝撃がうまく逃げない。だから、結果的にくぎ穴に緩みが出てしまった。

 ――落鉄は他馬との接触による偶発的アクシデントだと思っていました

 池江:あれはたまたまじゃない。京都の装鞍所は硬い敷料の上にチップが敷いてある。今回はそのチップの量を増やしてもらって、しっかりと対策を講じます。

 ――叩いての上積みは

 池江:大きいと思いますよ。1週前追い切りの動きにもそれが表れていた。前回は休み明けの分、少し力んでいたが、今回はもっとリラックスして走れるはず。

 ――淀の3000メートルという舞台設定は

 池江:問題はそこでしょうね。やってみないと分からないが、距離はベストじゃない。2400メートルでも少し長いかもしれないくらいで、ベストは2000メートル前後では。

 ――以前、菊花賞は厩舎の技術力が問われる一戦と話していた

 池江:それは毎年そうですね。あのディープインパクトも、親父(池江泰郎元調教師)の厩舎じゃなかったら単なるマイラーで終わっていたかもしれない。

 ――最後にサトノダイヤモンドのセールスポイントと、ラスト1冠への意気込みを

 池江:どこかが突出しているというよりも欠点の少ないタイプ。春は悔しい競馬が続いたので今回は何とかしたい。

☆いけえ・やすとし=1969年1月13日生まれ。京都府出身。2003年調教師免許取得、04年開業。6冠馬オルフェーヴル、昨年の宝塚記念や天皇賞・秋VのラブリーデイなどJRA・GI・14勝(重賞58勝)。父はディープインパクトを育てた池江泰郎氏。

最終更新:10/18(火) 21:43

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]