ここから本文です

【NMB48】大組閣を実施 5期研究生・山本彩加が早くも昇格

東スポWeb 10/18(火) 22:15配信

 アイドルグループ「NMB48」は、結成6周年記念コンサート「NMB48 6th Anniversary Live」初日公演(18日、神戸ワールド記念ホール)のアンコール時に、グループの大組閣の実施をサプライズ発表した。

 大組閣は結成7年目を迎え、さらなる活性化を図るために実施。現行のチームは年内いっぱいとなり、来年1月1日から新チームに移行する。

 新チームのキャプテンはチームNが山本彩(23)、チームMは川上礼奈(21)、チームBIIは久代梨奈(17)がそれぞれ務める。

 山本は「またスタート地点に立てたというポジティブな考え方をすれば、6周年という節目に改めて初心に帰ることができるいいキッカケなんじゃないかと思います。今まであったチームとは、また違ったカラーをこのメンバーで作っていきたいです」と前向きに受け止めた。

 ドラフト2期生の村中有基(19)と安田桃寧(15)、6月に5期研究生として加入した山本彩加(14)の正規メンバー昇格も併せて発表された。村中はチームBII、安田はチームM、山本彩加はチームNの正規メンバーとなる。

 山本彩加は、8月に卒業した渡辺美優紀(23)のソロデビューシングル「やさしくするよりキスをして」を披露し、「憧れのみるきーさんの歌を歌わせてもらいました。みるきーさんの後継ぎのような存在になりたい」と意欲を語った。

 また、村中は「めちゃくちゃうれしいです。BIIで頑張るのでよろしくお願いします」。安田は「こんな大組閣で昇格できるなんて。新たなチームMに貢献していけるよう頑張ります」と昇格を喜んだ。

最終更新:10/18(火) 22:45

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革