ここから本文です

漁場にセンサー付き「スマートブイ」 定置網漁を効率化 KDDIが実証実験

ITmedia ニュース 10/18(火) 19:23配信

 KDDI総合研究所と東松島みらいとし機構は10月18日、漁場に浮かべたセンサー付きの「スマートブイ」で海中のデータを収集し、漁獲量との関連を調べる実証実験を宮城県石巻湾漁場で始めた。定置網漁の効率化を目指すという。

【画像:スマートブイ】

 センサーやカメラを取り付けたスマートブイを定置網の周辺に設置し、水温や潮流、塩分濃度などのデータや海中の映像を収集。それらのデータはLTE網を通じてデータベースに集約・蓄積し、漁獲量の予測/実績データと合わせてモバイルアプリで閲覧できるようにする。

 漁獲量データは、漁師たちが専用アプリ(岩手県立大開発)で記録。スマートブイが収集したデータと比較し、それぞれの関係性を予測したり、漁業者の出航計画を立てたりするのに役立てるという。

 実験期間は12月上旬まで。この間に旬を迎えるサケ漁を対象に実施する。

最終更新:10/18(火) 19:23

ITmedia ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革