ここから本文です

NY行きの綾部 夢のため結婚は封印?

デイリースポーツ 10/18(火) 19:08配信

 米国のニューヨークへの移住、進出を表明しているお笑いコンビ・ピースの綾部祐二(38)が18日、映画「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」の公開記念イベントにフリーアナウンサー・高橋真麻と出演した。

 映画の主役、ブリジット・ジョーンズが熟女になっていることから“熟女好き”としてイベントに呼ばれた。司会者から「ハリウッドスターへ歩まれます、ピースの綾部祐二さんです!」と紹介された綾部は笑顔で「熟女好きでハリウッドスターを目指しています、ピースの綾部祐二です」とあいさつした。

 イベントでは映画の内容にちなんで、一般客から結婚にちなんだ質問を受けた。真麻から「焦らないですか」と水を向けられた綾部は「すぐにとはならない。35過ぎてからまったく思わなかったのが、結婚しなきゃだめだなというのが、この2、3年で流れが変わってきてる」と徐々に結婚を意識するようになってきたと告白。しかし真麻から「新たな夢と挑戦があるから」とNY行きについて振られ、「まあ、そうですね」と結婚願望は封印ムードでうなずいていた。

最終更新:10/18(火) 22:10

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]