ここから本文です

広島・黒田「新井だけには優勝後に気持ち伝えていた」 引退会見一問一答

デイリースポーツ 10/18(火) 19:22配信

 広島・黒田博樹投手(41)が18日、今季限りで現役引退を表明した。この日、広島市内のホテルで会見。内容は以下の通り。

【写真】新井と抱き合って優勝を分かち合う黒田

   ◇   ◇

 「本日はお忙しい中、このような時間帯にありがとございます。昨日、球団の方に引退の意向を伝え、了承していただきました。本日、練習前にまずは監督、コーチ、選手、裏方さんの前で、引退することを伝えました。今までたくさんのファンの人に応援していただいた。そういう人たちに最後の登板の前に報告できたらと、こういう場を設けていただきました」

 -引退を決断した理由は。

 「理由はたくさんあるんですが。まだ、みなさんご存じのように、日本シリーズ登板も残っている。難しいが、リーグ優勝して、日本シリーズに進出できた。これが1つの大きな要因だったと思います」

 -引退を意識したのは。

 「2、3年前です。毎年、毎年、そういう気持ちでシーズンを迎えていた。自分の中で考えだしたのは9月過ぎ。本格的に自分で考えだしました」

 -だれかに相談は。

 「相談というか、引退に関しては自分自身で決めた。あとは横の鈴木(球団本部長)さん、選手の中では新井だけに伝えていた。それ以外に伝えることはなかった。リーグ優勝が決まった後です。(新井からは)『もう1年やらないんですか?』と言われたんですけど、自分の意志が固かったので」

 -この日を引退発表に選んだ理由は。

 「難しいところはあった。僕自身は日本シリーズが終わってから伝えようと思ったが。日本シリーズ進出が決まり、次、自分が投げる試合が最後になるかもしれない。まずはチームメートに伝えないといけない気持ちと、今までたくさんの人に応援してもらった。そういう人たちに自分の口から伝えないといけない、そういうことがあった」

 -悔いは?

 「今年、みんなの力で優勝を経験させてもらった。最高のシーズンを送れたので、悔いはないです」

 -日本シリーズへの思いは。

 「あと何試合登板できるか分からないが、今までも最後のつもりで常にマウンドに上がってきた。目いっぱい、ケガを恐れず投げていきたい」

 -ファンにメッセージを。

 「今まで本当にたくさん、僕が広島に帰ってきてからも、声援を送ってもらった。日本一という結果で応えられるように、選手一丸で戦っていけたら」

最終更新:10/18(火) 20:02

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]