ここから本文です

コインパーキングの空き状況がリアルタイムで分かる――駐車場をIoT化した「Smart Park」

ITmedia Mobile 10/18(火) 20:33配信

 スタートアップのSPOTが10月18日、コインパーキングの検索サービス「Smart Park」を発表した。

【満空状況がリアルタイムで分かる秘密兵器】

 Smart Parkは、スマートフォンのアプリを利用して、地図上に表示されるコインパーキングの満空状況を調べられるサービス。特に都内だと、近隣の駐車場がなかなか空いておらずイライラ……ということは頻繁にあるが、Smart Parkではこうした状況を解消し、空いているコインパーキングと駐車したい人をマッチングさせるのが狙い。これまで、ありそうでなかったサービスだ。

 では、どのような仕組みで満空状況が分かるのか。SPOTは独自の「IoT満空センサー」を開発し、これをコインパーキングの電光掲示板に設置。電光掲示板に表示される「満」「空」のLEDをセンサーが検知し、「満」だと駐車場が埋まっており、「空」だと駐車場が空いていると把握する。そのデータをサーバにアップロードし、「Smart Park」アプリに即時反映される。タイムラグは15~20秒ほどなので、ほぼリアルタイムに満空状況が分かる。目当てのコインパーキングを指定した後に、満車になったら通知をする機能も用意した。

 「駐車料金」のデータ提供にも注力した。コインパーキング上のアイコンをタップすると、駐車料金が表示されるほか、駐車時間に応じた料金を試算する機能や、駐車予定時間から最も安い駐車場を探す機能も備えている。(料金が上がる前など)指定した時間にアラームを鳴らすことも可能だ。

 アプリ(無料)はiOS向けから提供し、今後はAndroid向けも提供する予定。現在はアプリの画面上で満空状況を確認するのみだが、ビーコンを使い、近くを通ったスマートフォンへ能動的に通知をする機能の追加も検討している。

 センサーは充電用のソーラーパネルと単三充電池を備えており、別途電源を供給する必要がない。3G用の通信アンテナとSIMカードスロットも搭載。通信はNTTドコモのMVNOである丸紅無線のサービスを利用しており、1カ月につき1MBほどという低容量の通信で済む。満空情報が更新されないときはスリープ状態で電池や通信を消費せず、12時間に1回の頻度で、問題なく稼働しているかをサーバに通知するのみ。

 現在、センサーは1000カ所ほどに取り付けており、東京都の10区で運用中。駐車場運営会社が独自に持つデーターベースと合わせて、1万3000ほどの満空情報をアプリ上で把握できる(駐車場データは4万8000件が登録されている)。3~4カ月ほど実証実験を行った後に本サービスに移行する予定。

 現在のコインパーキングでは、「駐車料金が高いこと」「駐車場が空いているか分からないこと」が主な不満に挙がっている。特に東京都ではその傾向が顕著だ。

 コインパーキングのシェアは、都内では上位10社を合わせても50%未満で、自社のコインパーキングを対象としたサービスを作っても、カバーできる駐車場は限られる。またシステム構築には相応のコストが掛かり、費用対効果も見えにくい。

 SPOTがコインパーキングにインターネット機能を持たせた“スマートパーキング”を導入することで、ユーザーの不満を解消するとともに、既存の駐車場運営会社では実現しにくい、新たな市場の創出を狙う。

 センサー設置のコストはSPOTが負担しており、サービスが軌道に乗ったタイミングでマネタイズを進めていく。今後は駐車スポットの総合ポータル、満空のビッグデータを用いた価格のコンサルティング、大型商業施設と連携した駐車場の予約サービス、近隣店舗への送客を行う広告収入モデルなどを検討していく。

最終更新:10/19(水) 1:20

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。