ここから本文です

広島・黒田「いろいろと難しいところあった」日本シリーズ直前の電撃引退

デイリースポーツ 10/18(火) 19:50配信

 広島の黒田博樹投手(41)が18日、今季限りで現役引退を発表するとともに、広島市内のホテルで会見を行った。22日の日本シリーズ開幕を前にした重大発表。黒田自身も、悩んだ中での引退発表だったことを明かした。

 会見で、このタイミングで引退発表に至った理由を聞かれると、言葉を選びながら「いろいろと難しいところはあった。僕自身は日本シリーズが終わってから伝えようと思ったが…」と、自身の中で葛藤があったことをうかがわせた。

 そして「日本シリーズ進出が決まり、次に自分が投げる試合が最後になるかもしれない。まずはチームメートに伝えないといけないという気持ちと、今までたくさんの人に応援してもらった。そういう人たちに自分の口から伝えないといけない、そういうことがあった」と、周囲への配慮の心が決断を促したことを説明した。

 自らにとって最後となる日本シリーズについては「あと何試合登板できるか分からないが、最後のつもりで常にマウンドに上がってきた。目いっぱい、ケガを恐れず投げていきたい」ときっぱり。

 ファンに対しての言葉を求められると「今まで本当にたくさん声援を送ってもらった。日本一という結果で応えられるように、選手一丸で戦って行けたら」と、最高の結果を約束した。

最終更新:10/18(火) 19:59

デイリースポーツ