ここから本文です

「おそ松」初夢松からクリス松まで、12カ月の松野家描く公式アンソロ

コミックナタリー 10/18(火) 20:25配信

赤塚不二夫原作のテレビアニメ「おそ松さん」を題材にした「まるっと12ヶ月おそ松さん 公式アンソロジーコミック」が、10月25日にフロンティアワークスから発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同書には1月から12月まで、各月のイベントをテーマにした松野家の“ダメダメ“なエピソードを掲載。1月の「初夢松」を皮切りに、「バレンタイン松」「ホワイトデー松」「ウソ松さん」「母の日松」「梅雨松さん」「プール松」「怪談松」「お月見松」「ハロウィン松」「運動会松」「クリス松」といったエピソードが収められる。

アニメイトでは同書とクリアファイルの限定セットを販売する。ファイルには6つ子が紅葉狩りをする秋らしい姿がデザインされた。

「まるっと12ヶ月おそ松さん 公式アンソロジーコミック」掲載作品
1月:北風子「初夢松」
2月:柴梨ミソ「バレンタイン松」
3月:松基羊「ホワイトデー松」
4月:きだにまみ「ウソ松さん」
5月:シロ「母の日松」
6月:柴梨ミソ「梅雨松さん」
7月:北風子「プール松」
8月:寧々「怪談松」
9月:バクガエキス「お月見松」
10月:ごやふな「ハロウィン松」
11月:バクガエキス「運動会松」
12月:寧々「クリス松」

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

最終更新:10/18(火) 20:25

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]