ここから本文です

ディズニーが不朽の名作を実写化 『美女と野獣』来年4・21公開

オリコン 10/18(火) 7:00配信

 ディズニーが手がける実写映画『美女と野獣』の日本公開日が、2017年4月21日に決定し、ファーストビジュアルがお披露目された。物語の重要なアイテムとなる“一輪の深紅のバラ”が印象的なデザインになっている。

【写真】主人公ベルを演じるエマ・ワトソン

 ディズニーは『白雪姫』から始まり、『シンデレラ』や『眠れる森の美女』など、今日に至るまでさまざまな“女性像”を題材にした物語を描き、観客に“あらゆる愛のあり方”を提示してきた。

 数ある名作の中でも代表作品といえる『美女と野獣』は、アニメーション映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネートという快挙を成し遂げ、作曲賞と歌曲賞を受賞。ストーリー、音楽、芸術性と映画として高い評価を得ている。

 『白雪姫』などの初期の作品とは違い、主人公が近代的な女性として描かれている点も人気の理由の一つ。そのヒロイン像は根強い人気を誇り、実写化の発表がされると主人公ベル役のキャスティングに注目が集まった。

 見事に役を射止めたのは、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン。監督は、アカデミー賞を始め、数々の映画賞に輝くミュージカル『ドリームガールズ』や『シカゴ』を手掛けたビル・コンドン氏に決定した。

最終更新:10/18(火) 7:00

オリコン