ここから本文です

森川葵、高橋一生の“甘党”明かす「アイスを買ってくれた」

オリコン 10/18(火) 16:07配信

 女優の森川葵と俳優の高橋一生が18日、都内で行われたNHK・BSプレミアムの連続ドラマ『プリンセスメゾン』(毎週火曜 後11:15)の試写会後会見に出席した。撮影中のエピソードを聞かれた森川は「高橋さんとは甘いものが好きという話になって、私が『アイスを食べたい』と言ったらアイスを買ってくれた」とうれしげに明かした。

【全身ショット】白のガーリーワンピで登場した森川葵

 これに対し高橋は「父親のようにアイスを買いました」と照れ笑い。「甘いものを共有してくれる人が現場にいなくて……僕は甘いものが好きなので森川さんが『アイスを食べたい』と言った時、これは引き込むしかないと。“甘いものの輪”を広げようと買ってきた」とほのぼのとした現場の雰囲気を振り返った。

 同ドラマは池辺葵氏による原作コミックを実写化。26歳、彼氏なし、結婚の予定なし、居酒屋勤務、そしてマンション購入という夢を持つ女性が、家探しを通じてさまざまな人と出会い生き方を模索していくヒューマンストーリー。森川は主人公の“沼ちゃん”こと沼越幸、高橋は仕事で沼ちゃんと出会う持井不動産の社員・伊達を演じている。

 口数は少ないが持ち家という夢にまい進する自身のキャラクターに森川は「強いな、と思いました」と感想を話し「私も、もちろんいつかは結婚したいし、一人で生きていくとは言えないけど沼ちゃんのように強く、自分で自分のことを支えながら生きていけたらいいな」と憧れていた。

 このほか、渡辺美佐子も登壇した。25日よりスタート。

最終更新:10/18(火) 16:15

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革