ここから本文です

ピース綾部、35歳過ぎで結婚観変化「しないとダメだな」

オリコン 10/18(火) 19:54配信

 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二(38)、フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が18日、都内で行われた映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(29日公開)公開記念イベントに出席した。

【イベント写真】同席した高橋真麻が熱唱

 綾部と高橋は、会場に集まった30、40代の女性、約40人を前に恋愛トークを展開した。現在独身の2人だが、高橋が綾部に「焦らない?」と問うと、「男は焦らないかな。地元に帰って友達に子供いると『いいな』と思うけど、すぐにとは思わない」とキッパリ。

 綾部はもともと結婚願望が「まったく」なかったというが「35歳過ぎてから『結婚しないとダメだな』とは思った。ここから結婚に対して(考えが)変わっていくと思う」と変化を告白。一方、高橋は既婚者の友人に「結婚には妥協も必要」と聞かされたエピソードを話し、綾部を苦笑させた。

 また、観客から「彼女がいるのに、昔好きだった人と同窓会で再会し、デートに誘われたらどうする?」と聞かれると、綾部は「その時の状況じゃないかなぁ」とし、「意外かもしれませんが、僕は基本的に“お酒の勢い”というのがない。一滴も飲まないので」と告白。「もし三角関係になったら?」という質問には「女性の気持ちに任せる」と即答し、高橋は「男らしいですね」と感心していた。

最終更新:10/19(水) 12:48

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]