ここから本文です

劇場版『暗殺教室』新作エピソードはクラス会の前日譚 卒業から7年後

オリコン 10/18(火) 17:30配信

 11月19日から期間限定で公開される劇場版アニメ『「暗殺教室」365日の時間』。テレビアニメシリーズの総集編のほか、完全新作オリジナルエピソードで構成される同作だが、オリジナルエピソードの内容が解禁となった。

【画像】アニメ第2期のビジュアル 卒業前の3年E組

 オリジナルエピソードは原作者・松井優征氏が全面協力。卒業から7年後の“クラス会”の前日譚で、3年E組のみんなとは別に旧校舎に訪れた、潮田渚(CV:渕上舞)と赤羽業(CV:岡本信彦)。テレビアニメ版では語られなかった思いが明らかになる。また、最新ビジュアルも公開され、椚ケ丘中学の教室で殺せんせー(CV:福山潤)に想いを巡らす渚と業が描かれている。

 原作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた人気漫画。コミックスは累計販売数2500万部を記録しており、2015年1月から6月、今年1月から6月と合計4クール全47話のテレビアニメが制作された。実写映画化もされており、ヒットとなった。

 劇場版は、テレビアニメ版に続き、監督を岸誠二氏、シリーズ構成を上江洲誠氏、アニメーション制作をLercheが担当。おなじみのキャラクターも登場する。

■劇場版の公式サイト
http://www.ansatsu-anime.com/365days/

最終更新:10/18(火) 17:30

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革