ここから本文です

久保田利伸、名曲満載のコラボベスト発売 「SUKIYAKI」カバーも初収録

オリコン 10/18(火) 13:22配信

 デビュー30周年を迎えた歌手・久保田利伸が、11月23日に自身初となるコラボレーション・ベストアルバム『THE BADDEST~Collaboration~』を発売する。KREVAやMISIA、EXILE ATSUSHI、JUJU、小泉今日子ら国内アーティストとのコラボはもちろん、海外のビッグネームとのコラボや新曲も収録されるなど、まさに久保田の集大成ともいえる豪華なラインナップとなっている。

【ランキング】久保田利伸、過去のシングル売上

 同作は30周年を記念して発売されるもので、「日本語歌詞編」と「英語歌詞編」の2枚組で、海外からはザ・ルーツやモス・デフ、ラファエル・サディーク(トニー・トニー・トニー)、ナイル・ロジャース、キャロン・ウィーラーらとの圧巻のコラボを収録。新曲として、「日本語歌詞編」にAIとのコラボ曲「Soul 2 Soul feat. AI」、さらに「英語歌詞編」にミュージック・ソウルチャイルドとのカバー「SUKIYAKI~Ue wo muite arukou~」も初収録される。

 本作の発売にあたり、久保田は「プロとしての30年間はいろんな人との出会いや交わりの上に成り立っていると思います。スタッフ、音楽仲間、ファンの皆さんなどなど…。そこで、このタイミングで感謝を込めて人と人というところに焦点をあて、この30年間、日米でやってきたコラボレーションを、新曲たちを含め、1作に編み上げてみました。相手がいるからこそ生まれる特別な歌声達のオンパレードです」とコメントを寄せている。

最終更新:10/18(火) 19:33

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]