ここから本文です

キンタロー。ドラマ出演で小顔矯正 ヒロイン・こじるりのものまねマスター

オリコン 10/19(水) 6:00配信

 ものまねタレントのキンタロー。(34)が19日よりスタートするTBS系“テッペン!水ドラ!!”枠連続ドラマ『コック警部の晩餐会』(毎週水曜 深夜0:10)の第3話(11月2日放送)にゲスト出演することがわかった。キンタロー。にとって役名があり、中心人物としてのドラマ出演はこれが初めて。「おだまり!」というキメぜりふが人気のグルメリポーター・小田マリを演じる。

【写真】こじるりはドラマ初挑戦で刑事役

 同ドラマは料理の腕前がプロ級の名刑事・古久星三(柄本佑)こと“コック警部”が容疑者たちを晩餐会に招き、犯人をあぶり出すミステリーコメディー。彼とコンビを組む新人刑事・七瀬あずみを小島瑠璃子が演じている。

 第3話では“食べ歩きの女王”と呼ばれ、古久警部もファンだという毒舌グルメブロガー・マリの知人で大衆割烹店の店主・香田が遺体で発見される。事件直前に彼と口論していたところを目撃されたマリは容疑者として逮捕されてしまう…。果たしてマリが真犯人なのか。古久警部の名推理がさえわたる。

 キンタロー。は「やはり俳優さん方はきっと顔が小さいだろうということで、浮かないように小顔矯正に行き、いつもよりも小さくして挑みました!」と並々ならぬ意気込みで撮影に臨んだ。こじるり&柄本のものまねも習得したようで「すでにお2人のものまねをフライングゲットすることに成功しました」と感激。

 中学の演劇部時代を生かして女優として本格的なドラマ出演を経験し「やっと、このチャンスがきたかと。やはり前田敦子さんも女優として頑張ってらっしゃるので、私も頑張りたいと思っていたのです」としみじみ。「最後に1つだけ、お願いがあります。画面で私の顔がこじるりちゃんよりもデカくても私のことを嫌いにならないでくだちゃい!」といつものネタでコメントしている。

最終更新:10/19(水) 6:00

オリコン