ここから本文です

もはや王国? 築地・銀座・日本橋… 中央区長は8期・30年以上も区長が変わっていない

選挙ドットコム 10/18(火) 11:06配信

もはや王国? 築地・銀座・日本橋… 中央区長は8期・30年以上も区長が変わっていない

「首長の多選(同じ政治家が何度も当選すること)」は有権者の批判対象になりやすく、1期4年を務めた後に2期(8年間)はまだしも、その後3選・4選を目指す選挙では、落選するケースも全国的に多いものです。
しかし、そんな多選批判をものともせず、5期・6期と「長期政権」を築く政治家もいます。有名なのは、中央区の矢田美英(やだ・よしひで)区長で、現在8期目に突入しています。初当選は1987年。実に30年ほど、区長を務めています。

これは現在、全国の市長・区長の中で最も多く選ばれている記録です。なぜこれほどの「長期政権」を維持できるのでしょうか?

矢田区長は報道機関の共同通信出身で、政治部記者として活躍した経歴を持っています。報道機関出身の政治家にありがちな「記者も少しやってましたよ」という程度ではなく、首相官邸キャップを務めた「バリバリ」の記者です。
矢田氏自身も中央区(新富町)の出身で、1987年3月に、約20年在籍した共同通信を退社し、その年の4月の区長選に立候補しました。
見事初当選を果たし、昨年2015年4月に行われた区長選挙で8度目の当選を果たしています。

人口減少の時代に、中央区は人口が1.6倍に

矢田区長の最大の功績は、区内の人口減少を食い止めるだけでなく、積極的なマンション誘致、住宅政策で人口を大幅に増やしたことです。1981年に9万人余りだった人口は、現在約14万5,000人にまで増えています。矢田区長は区が長年の目標としてきた「定住人口10万人」の実現に全力を目指して政策を総動員し、2006年にはついに10万人を突破しました。

「ダイヤモンド・オンライン」の「東京23区 データでわかる実力」(2010年)の中央区編によると、「一定規模以上の開発に対する住宅付置義務の制度化、中高層住宅の建設や住宅の共同化の促進を図る誘導・助成の推進、住宅購入資金の融資斡旋、区立住宅の拡充」などを推進したそうです 月島などの臨海エリアの開発は現在もめざましく、ファミリー層をひきつけているのは衆目の一致するところです。

矢田区長の区政運営が安定しているのは、人口増政策の成功が大きいと言えるでしょう。
中央区といえば、築地市場の移転事業が区政の大きなテーマです。現在、小池百合子都知事の判断で、移転先の豊洲市場の開場が延期され、大きな問題となっています。矢田区長は当初、食、観光の一大拠点である築地市場の移転計画に反対していました。しかし、次第に豊洲移転を容認する方向に転じ、現在は豊洲移転を前提に、築地市場移転後の周辺開発などに力を入れています。

1/2ページ

最終更新:10/18(火) 11:06

選挙ドットコム