ここから本文です

ノンスタ井上、心臓の大動脈弁に重大な問題が発覚するも「僕は元気です」

トレンドニュース(GYAO) 10/18(火) 15:59配信

お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、健康番組で判明した自身の“大動脈二尖弁(にせんべん)”について当面問題はないことを報告して「僕は元気です」とアピールした。

「人志松本のすべらない話」 井上裕介(NON STYLE)>>

10月17日放送のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」では、芸能人の体を最新の医療機器で徹底検査。そのなかで井上は大動脈二尖弁(にせんべん)であることが判明した。こちらは心臓にある大動脈弁の通常3つあるはずの膜が2つしかないという状態のこと。弁の開閉時に負担がかかるため血液の逆流が起こりやすい。番組では「いずれ手術になる可能性が高い」とコメントされていた。

井上は同日深夜にTwitterで、「初めて知った驚きもあり、戸惑いもありましたが、番組収録後すぐさま病院に行き検査をした結果、毎年ちゃんと検査をしていくことで、なにかあっても対処出来るし、今すぐどうこうするではないと言われました」(原文ママ、以下同)と検査結果を報告。「心配をかけた方もたくさん居るとは思いますが、ちゃんと定期的に病院には通っていますし、今のところ僕は元気ですし病院の先生にも生活する上で何の問題もないっと言ってもらっています」と当面問題はないことを明言し、「今後も定期的に検査は受けて行きますし、番組でこういうことがわかったことには感謝してますし、僕は元気です」とアピールした。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:10/18(火) 15:59

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]