ここから本文です

はにぽん、ゆるキャラGP首位快走 コバトンも応援、浦和で街頭演説

埼玉新聞 10/18(火) 10:30配信

 今年のゆるキャラグランプリで現在、首位を快走している埼玉県本庄市のキャラクター「はにぽん」が13日、JR浦和駅前の東口ロータリーで、吉田信解市長とともに“街頭演説”を開催。24日のインターネット投票終了を前に、最後のひと押しを呼び掛けた。

 駅前で吉田市長が先頭に立ち、「今現在、はにぽんは1位で頑張っているので、応援よろしくお願いします」と力強く演説。市職員とともに親子連れや学生、お年寄りなどの通行人にはにぽんの名刺やシールを約200枚ずつ配った。通行人からは「頑張ってね」などと声が掛けられ、一緒に記念写真を撮影した。県のキャラクターで、ゆる玉応援団団長の「コバトン」と「さいたまっち」も応援に訪れた。

 はにぽんは7月の投票開始時に首位スタート。他県のゆるキャラと激しいデッドヒートを繰り広げ、9月末から10月頭にかけては首位から最大で約100万ポイントの差をつけられた時期もあった。

 だが、今月9日に再び首位に立つと、14日現在で約840万ポイントの1位。2位のチュッピー(岡山県総社市)には40万ポイント近くの差をつけている。

 今年のゆるキャラグランプリは、ネット投票を踏まえ、11月5、6日に愛媛県で開かれる決戦投票で決まる。

最終更新:10/18(火) 10:30

埼玉新聞