ここから本文です

昨季のプレミア王者だと夢を見るな! 苦戦続くレスター指揮官「これがノーマルなレスター」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/18(火) 8:10配信

普通の状態に戻っただけと説明

昨季王者として今季のプレミアリーグを戦っているレスター・シティは、今季開幕から2勝2分4敗と調子が上がらない。しかもリヴァプール(1-4)、マンチェスター・ユナイテッド(1-4)、チェルシー(0-3)と大量得点を奪われての敗戦が目立つ。昨季までの堅い守備はどこかに消えてしまい、いとも簡単にゴールを許してしまうチームになっている。

いったいレスターはどうしてしまったのかと現実を受け入れられないサポーターもいるだろうが、指揮官のクラウディオ・ラニエリはこの結果に驚いていない。米『ESPN』によると、ラニエリは昨季の出来事が異常だっただけだと語り、普通のレスターに戻ったと説明している。

「昨季はこの世界にいない、奇想天外なものだった。そして今、我々は世界に戻ってきた。これに対応しないといけない。昨季起きたことは可能なものではなく、クレイジーなことだ。今我々はノーマルだ。ノーマルなレスターだ。戦わないとね」

確かに昨季の戦いを見てしまうと、大量失点を喫する姿に驚いてしまうかもしれない。しかしレスターは本来残留を争うようなクラブであり、マンUやリヴァプールといった強豪クラブに大量失点を喫してしまうのも仕方がない部分もある。昨季は全ての歯車が奇跡的に噛み合ったからこそ優勝できたのであり、今のレスターが本来の姿なのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/18(火) 8:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革