ここから本文です

DAIGO 白湯の効果にびっくり「今冬は人生一番の薄着になるかも!」

TOKYO FM+ 10/18(火) 12:01配信

DAIGOがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。日曜日の朝、健やかな暮らしをキーワードに、健康のためのちょっとした心がけ、ストレス解消につながる音楽との付き合い方などをお届けしています。10月16日の放送では、『白湯の力』をテーマにその効果やとり入れ方を紹介しました。

DAIGOは「朝起きて、歯磨きして水を一杯飲むとかはあるけど、温かい“白湯”を飲む習慣は無いです」とのこと。DAIGOも知らない“白湯のパワー”を教えてくださるのは、インド発祥の医学・アーユルヴェーダの第一人者、医学博士でマハリシ南青山プライムクリニック院長の蓮村誠さんです。

【蓮村誠先生直伝!“白湯”のパワー】
●白湯で胃腸を温めることで、体全体がよく温まり代謝がよくなる。
●免疫力も上がるので、風邪やインフルエンザにもかかりにくくなる。
●胃腸の中がきれいに掃除され、デトックス効果も得られる。
●排泄もよくなり、肌にもよい。
●冷えがとれ、眠りも深くなる。
●集中力も増し、目(見る)の力も取り戻され、ハッキリ見えるようになるという効果も。

「“白湯”っていい事づくしじゃん!」とびっくりのDAIGO。しかも、最近胃腸の調子が良くなかったそうで、番組中に早速白湯を飲んでみました。「味はお湯なんだけど……でもちょっと違うか? 胃腸が温まる感じはすごくあります!」と、とても素直な感想でしたが、番組終了までその“ポカポカ”は続いたようで、「(白湯を飲み続けることで)もしかしたら、この冬、人生一番の薄着になるかも!」と、効果を確認していました。

蓮村先生によると、1日800ミリリットルぐらいを数回に分けて飲むのが良いそうです。1リットル以上飲み過ぎると、せっかく摂った食べ物の栄養も流れてしまうので、飲み過ぎには注意してくださいね。

(TOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」2016年10月16日放送より)

最終更新:10/18(火) 12:01

TOKYO FM+