ここから本文です

島崎遥香、主演ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」で苦戦中「本当に私、ボロクソです」

トレンドニュース(GYAO) 10/18(火) 16:11配信

年内でグループ卒業することが決定しているAKB48・島崎遥香が、テレビ朝日系で放送中の主演ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」での演技に苦戦していることを告白した。「本当に私、ボロクソです」と吐露している。

ぱるるの吐息を存分に浴びたラッキー男>>

「警視庁 ナシゴレン課」は10月17日深夜よりスタートした、捜査に出向かず刑事部屋で難事件を解決していく警視庁ナシゴレン課の活躍を描いたワンシチュエーションコメディ。島崎演じる主人公・風早恭子はナシゴレン課のデカ長で、高飛車かつ毒舌で極度の面倒くさがりというキャラクターだ。

今春クールに放送された日本テレビ系「ゆとりですがなにか」で“ゆとり世代キャラ”を好演し評判をよんだ島崎だが、今回の風早恭子役には苦戦しているらしい。ドラマ放送後にTwitterで、「ゆとりですがなにかの方がノレてた」というファンの率直な感想に答える形で、「本当に私、ボロクソです」と悩みを告白。「申し訳ありません。葛藤の日々です。未だ、彷徨(さまよ)っております。ただただ苦しい……」とつらい心境を吐露した。

島崎は12月31日をもってAKB48を卒業した後は本格的に女優の道を歩み出すと見られている。それだけに一層自分の演技にも厳しくなってしまうようだ。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:10/18(火) 16:11

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]