ここから本文です

五輪ボート会場を彩湖に誘致 市民団体、戸田公園駅前で署名呼び掛け

埼玉新聞 10/18(火) 10:30配信

 埼玉県戸田市のJR戸田公園駅前で17日夜、市民団体「彩湖に東京オリンピックボート競技を誘致する会」が帰宅途中の市民に署名を呼び掛けた。署名に応じながら「もう東北に決まっているんじゃないの」と話す市民に、同会のメンバーは「まだまだ、これからです」と伝えていた。

 同駅近くには1964年東京五輪の会場となった戸田ボートコースがあり、東京五輪のレガシーとして活用されている。また市内の彩湖は荒川河川敷にあり、戸田監督会は「東京湾の海の森より彩湖が最適」と提言している。

 小池百合子都知事が都政改革の一環で五輪会場の検証・見直しを進めていることや、先週末には上田清司知事が「ボート会場誘致を辞退した覚えはない」と発言し、事実上ボート競技誘致の名乗りを上げるコメントを出したことなどから、駅頭活動を再開させた。

 「誘致する会」代表の会社役員野沢茂雅さん(56)は「最近の流れで風も変わったと思う。上田知事も一歩踏み出してくれそうなので市民も一緒に頑張りたい」と言う。副代表の会社経営白井彰広さん(47)は「今まで地元の声は無視されてきたが彩湖誘致の可能性が出てきた。これを機に戸田市民として頑張って声を上げていきたい」と話した。

最終更新:10/19(水) 12:40

埼玉新聞