ここから本文です

紅忠コイルセンター関東、ミニレベラー全面更新  品質・安全性向上 平坦度矯正力も強化

日刊産業新聞 10/18(火) 12:26配信

 伊藤忠丸紅鉄鋼グループの紅忠コイルセンター関東(本社=埼玉県富士見市、佐藤亮社長)はミニレベラーラインを更新し、8月から本稼働を開始した。品質のさらなる向上・安定化、安全対策などが狙い。レベラー部を増強し、平坦度矯正能力を高めたほか、切断部をドラムシャーに切り替え、バリの発生を低減。高い品質管理レベルが求められる家電向けプレコート鋼板(PCM)に適した加工体制を構築した。

最終更新:10/18(火) 12:26

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。