ここから本文です

ホンダ、新型コンパクトSUV「WR-V」市販予定車のデザイン公開

乗りものニュース 10/18(火) 11:52配信

「CR-V」「HR-V」に続くコンパクトSUV

 ホンダのブラジルにおける四輪車の生産販売子会社であるホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダは現地時間2016年10月17日(火)、新型SUV「WR-V」市販予定車のデザインスケッチを公開しました。実車は、2016年11月のサンパウロ国際モーターショー(一般公開日は現地時間11月10日から20日)で世界初公開されます。

【写真】北米向け新型「CR-V」

「WR-V」は「Winsome Runabout Vehicle」の略で、和訳すると「愛嬌のある、人あたりのよいRV」といった意味。ホンダR&Dブラジルで開発され、「都会的なSUVデザインと、高いユーティリティーをコンパクトなボディーサイズで実現した」といいます。今後、ブラジルをはじめとした南米地域で販売される予定です。

 SUV市場が拡大する南米。ホンダは、「CR-V」「HR-V」に続くコンパクトSUVを投入することで、SUVの商品ラインアップをさらに充実させていくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/18(火) 12:16

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。