ここから本文です

JAL、日本/欧州線でイベリア航空など3社と共同事業開始、マドリード直行便などで

トラベルボイス 10/18(火) 20:30配信

日本航空(JL)は2016年10月18日より、日本/欧州線でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、フィンエアー(AY)、イベリア航空(IB)と共同事業を開始する。顧客にとって利便性の高いスケジュールや運賃を提供するほか、コードシェアの範囲を拡大。マイレージプログラムなどのサービス拡充もおこなうもの。

対象路線は、日本とロンドン・ヘルシンキ・パリ・フランクフルト・マドリード間の直行便のほか、ロンドンからヨーロッパ域内約80地点、ヘルシンキから同約60地点、マドリードから同約80地点、日本国内約40地点。

JALとイベリア航空のコードシェアは、現在実施しているロンドン/マドリード線とフランクフルト/マドリード線(いずれもイベリア航空運航)に続き、3路線目。10月30日からは、イベリア航空によるバルセロナ、セビリア、リスボン、ローマ、ブリュッセル、ミュンヘン、ベルリン、チューリッヒ、ジュネーブなど計21の地点にJALのコードシェアを拡大する(各国政府認可が前提)。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/18(火) 20:30

トラベルボイス