ここから本文です

メジャー最強左腕・カーショーと広島・黒田博樹の熱い友情 「尊敬している。メジャー引退したら、カープでプレーしたい」

AbemaTIMES 10/18(火) 17:01配信

10月22日に、広島・マツダスタジアムで開幕する日本シリーズ。日本シリーズで広島と日本ハムが対戦するのは史上初だ。さらに今回は、札幌と広島という最も移動距離の長い日本シリーズとなる。

広島と札幌は直線距離にして、およそ1200キロ。問題は移動だが、広島と札幌・新千歳空港を結ぶ路線は1日に2便のみ。ところが、移動日にあたる10月24日と28日はすでに満席だ。

そこで広島は、日本ハムとの決戦のためにチャーター機を利用するという思い切った手に出た。費用はおよそ1000万円。広島はこれまで6回の日本シリーズに出場しているが、移動はすべて陸路だった。32年ぶりの日本一にかける意気込みが伝わってくる。

一方、アメリカ・メジャーリーグでは広島と縁の深いチームが、28年ぶりのリーグ優勝に挑んでいる。

ナショナルリーグの優勝決定シリーズ第2戦。先発したドジャースのカーショー投手は、メジャーの最優秀投手にあたるサイ・ヤング賞を3回受賞し、年俸はおよそ30億円というピッチャーだ。

実はこのカーショー投手、現在広島にいる黒田投手と大の仲良し。2008年にドジャースに移籍した黒田投手と、この年メジャーに昇格した当時20歳のカーショウ投手は、試合前のキャッチボールでは必ずペアを組んでいたという。

カーショー投手は黒田投手について「尊敬しているし、多くのことを学んだ。メジャーを引退したら、カープのユニフォームを着て、一塁手としてプレーしたい」と話すなど、仲の良さがわかる。

最終更新:10/18(火) 17:01

AbemaTIMES

なぜ今? 首相主導の働き方改革