ここから本文です

伊予鉄道、ミュージアムを市駅前本社に開設 実物大「坊っちゃん列車」も

乗りものニュース 10/18(火) 14:43配信

「歴代車両パネル」なども展示

 伊予鉄道は2016年10月18日(火)、松山市駅前にある伊予鉄道の本社1階に、同社初の資料館「坊っちゃん列車ミュージアム」をオープンすると発表しました。

「市駅前本社1階に『坊っちゃん列車ミュージアム』が登場します。皆さまに親しんでいただける場所になればと思います」(伊予鉄道、清水一郎社長)

 明治時代、夏目漱石の小説『坊っちゃん』に、「マッチ箱のような汽車」との表現で登場した伊予鉄道の列車。その姿を再現して、2001(平成13)年から伊予鉄道の市内線で運行されている「坊っちゃん列車」の原寸大レプリカや、レアで鉄道ファン垂ぜんという車両部品などが展示されます。規模は約111平方メートル(33.6坪)で、同社の軌跡を表した年表パネルや映像コーナーなども設けられるとのこと。

 オープンは12月9日(金)の午前8時で、当日は伊予鉄道の創立129周年にちなみ、先着129人に記念品(展示されている「坊っちゃん列車」のレプリカと同じ1号機関車のペーパークラフト)が進呈されます。入場は無料です。

 またミュージアムには、コーヒー店のスターバックスも併設されます。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/18(火) 14:55

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。