ここから本文です

【ブラジル】貿易収支10月第1週

サンパウロ新聞 10/18(火) 2:23配信

 2016年10月第1週(1~9日、5営業日)のブラジルの貿易は、輸出が33億7400万ドル、輸入が28億7500万ドル、収支は4億9900万ドルの黒字だった。これにより、年初来累計の貿易黒字は366億8000万ドルとなった。開発商工省が10日発表した。

 同週の1営業日当たりの取引額は、輸出は6億7480万ドル、輸入は5億7500万ドル。15年10月の平均額に対してそれぞれ11.7%減、14.1%減だった。

 輸出は、半製品の輸出額が昨年10月の平均に対して15.5%伸びた一方で、1次産品と完成品はそれぞれ25.1%、6.2%縮小した。半製品は主に鋳鉄やアルミ地金、粗糖などの輸出額が増大した。1次産品は主にトウモロコシ、原綿、大豆ミール、大豆穀粒、牛肉、鶏肉、タバコ葉などの、また完成品は主に飛行機、自動車部品、自動車用エンジン、発電機、乗用車、貨物用車両などの輸出額が落ち込んだ。

 輸入は主に燃料・潤滑油(62.1%減)、肥料(36.6%減)、自動車・自動車部品(23.4%減)、機械装置(18.5%減)、有機/無機化学品(12.5%減)などの輸入額が減った。

サンパウロ新聞

最終更新:10/18(火) 2:23

サンパウロ新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革