ここから本文です

取材班が語る「時代の正体」 22日横浜でJCJ講演

カナロコ by 神奈川新聞 10/18(火) 16:13配信

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部は22日、10月の例会として「『時代の正体』の拓(ひら)く地平」と題した講演会を横浜市西区のもみじざか・じょいぷらざ(神奈川婦人会館)で開催する。2016年度JCJ賞を受賞した本紙連載「時代の正体」取材班の田崎基記者を講師に、地方紙の存在意義やその報道の在り方を学ぶ。

 時代の正体シリーズは14年7月に始まり400回を超えて現在も続く長期連載。JCJ賞では、憲法改正や安全保障関連法、ヘイトスピーチの問題などを掘り下げる報道が「従来の客観報道から一歩踏み込んだ主体的な姿勢」と評価された。

 田崎記者は、安倍内閣に影響力を持つとされる右派団体「日本会議」の取材を他メディアに先駆け行ってきた。講演では、日本会議が取り組む憲法改正や歴史教科書採択などの草の根の運動の実態を語る。

 午後3時からで参加費500円。問い合わせは、同支部の伊東良平さん電話090(2753)8012。

最終更新:10/18(火) 16:15

カナロコ by 神奈川新聞